エイベックス監修のamaaash(スマッシュ)に含まれる乳酸菌EC12とは?

エイベックスが監修のsmaaash(スマッシュ)ダイエットプログラムに含まれる乳酸菌の名称は乳酸菌末EC12です。

しかも、バイオジェニックス理論に基づく乳酸菌なので、腸内フローラを介することなく直接的に体に働きかけてくれます。

バイオジェニックスは、腸内フローラを介すことなく多種な働きを体にもたらす食品成分なのです。体全体に直接作用することで、腸内の免疫機能を活発化したり、コレステロールや血糖や血圧を安定させたり、活性酸素を減らしたりする可能性が研究・解明されつつあり、バイオジェニックスこそが、生活習慣病や老化の防止に有望だという考え方が広まりつつあります。

つまり、菌が生きているか死んでいるかはあまり重要ではなく、死んだ菌も含めて乳酸菌の作り出す物質:代謝産物と菌体成分が乳酸菌生産物質であり、腸内の免疫機能を刺激することで体全体の機能活性を促し、腸内フローラにも良い影響を与える、というメカニズムを理解し健康に役立てていくことが大切なのです。

バイオジェニックス食品,健康,作用

引用元http://www.koei-science.com/biogenics.html

乳酸菌EC12の特徴

殺菌(EC-12) 生菌(プロバイオティクス)

引用元http://www.combi.co.jp/f-foods/products/ec-12/index.html

他の乳酸菌よりもEC12のほうが小さく、殺菌してあり胃酸よりも強いので、腸内にまで届きやすいです。

乳酸菌EC12の効果は「整腸作用」「抗アレルギー」「ダイエット」「免疫強化」に役立てられています。

コメントを残す

サブコンテンツ

公式サイト

smaaash

このページの先頭へ